• 印刷する

マクドナルド、ハノイに進出へ

米ファストフード大手マクドナルドが、ハノイに進出する。現在、同市1号店のオープンに向け準備を進めている。4日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)電子版などが伝えた。

開店準備が進められているマクドナルドのハノイ1号店=5日、ハノイ

開店準備が進められているマクドナルドのハノイ1号店=5日、ハノイ

ハノイ1号店は、ホアンキエム区ハンバイ通りに面したフランス調の建物に入居する。ホアンキエム湖の近くにある商業施設「チャンティエン・プラザ」の向かいに立地し、観光客も多いエリアだ。開店の準備は進められているが、現時点で開店日は明らかにされていない。

ベトナムでフランチャイズ(FC)権を持つグッド・デイ・ホスピタリティーのグエン・バオ・ホアン社長は、今後の店舗網拡大に向け、従業員を募集していると説明。特に、人口の35%を占める1986~2000年生まれの「ミレニアル」と呼ばれる世代を積極的に採用していく方針という。

同社は、14年2月にホーチミン市にマクドナルドのベトナム1号店をオープン。現在、同市に16店舗を展開している。

VIRによると、ベトナムには、フィリピンのファストフードチェーン、ジョリビーが1996年に進出。2015年末にFC展開に乗り出し、今年7月時点で98店舗を展開している。向こう3年間で300店舗まで拡大させる計画を明らかにしている。米国のケンタッキーフライドチキン(KFC)は1997年、韓国のロッテリアは98年に進出。ホーチミン市における店舗数は、今年8月時点でそれぞれ58店舗、84店舗に上っている。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

韓国南鮮アルミ、ビンファストに部品供給(06/20)

BOT道路、月内ETC契約が必須=運輸省(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

レタントンに新オフィスビル、8月引き渡し(06/20)

太陽光発電の新FIT、2地域別の価格案も(06/20)

PVパワー、LNG発電2カ所の具体化急ぐ(06/20)

露ガスプロム、クアンチ省でガス火発建設へ(06/20)

スイスの香料ジボダン、ベトナム同業を買収(06/20)

丸紅、越でインスタントコーヒー製造販売(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン