• 印刷する

日系コンビニ、日本食品76品目を一斉販売

ベトナムの一部コンビニ、スーパーで「ジャパンフェア」が始まった=1日、ホーチミン市

ベトナムの一部コンビニ、スーパーで「ジャパンフェア」が始まった=1日、ホーチミン市

ベトナム国内のファミリーマート、ミニストップ、イオンは1日、ホーチミン市を中心に展開している約260店舗で、加工食品など日本商品76品目のテスト販売を開始した。テスト販売は、日本貿易振興機構(ジェトロ)と日系コンビニ、スーパーとの連携事業でベトナムでは昨年に続き2回目となる。

販売商品は、ベトナムで受け入れられやすい価格帯で、抹茶関連などニーズが見込まれると同時にベトナムでは供給が少ない商品が公募で選ばれた。

76品目は菓子、飲料、アイスクリームのほか今年は絵本も販売する。また大人のおつまみとしてチーズ味の菓子や健康志向の高まりを踏まえた野菜ジュースなども販売する。販売価格は実際の流通コストを乗せており、カゴメの野菜ジュース「野菜生活100」(200ミリリットル)の場合、3万5,900ドン(1.6米ドル、約179円)と日本の市販価格の2倍程度となる。

日系コンビニ、スーパーとジェトロの連携事業「ジャパンフェア」は、昨年も1カ月にわたり実施し、約4割がテスト販売後も継続して取り扱われている。ジェトロ・ホーチミン事務所の滝本浩司所長は「昨年は十分に成果があった」と振り返る。今年はフェア期間を来年1月末までの3カ月に拡大しており、「もう少し継続販売が増えることを期待している」と抱負を語った。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

日系IBL、実用化の先頭へ 存在感増す越ブロックチェーン開発(03/21)

食品輸入の環境改善へ、日越官民が意見交換(03/21)

ホンダ・ベトナム、4月に新社長就任(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

ベトジェット、カントー市に3路線就航へ(03/21)

ファストゴー、HCM市が事業承認を提案(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

韓国デウォン、越中部で3件の都市開発(03/21)

滋賀のオプテックス、越環境省関係者に研修(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン