• 印刷する

テイクオフ:いよいよアウトドアシー…

いよいよアウトドアシーズン本番。テントを張ってキャンプを楽しむのもいいが、最近ネットで話題を集めているのが、透明ドーム型の「バブルテント」だ。

バブルテントは文字通りシャボン玉を彷彿させる透明のドーム型テントで、宿泊施設としては国内初の試みという。テントはシドニーから北西200キロのリスゴーとマッジーの中間地点に立地されており、世界で2番目に大きなキャパティー渓谷を眼下に見下ろせるほか、テントの中から満点の星空を眺めることもできるようだ。

オーストラリアの大自然を満喫したい人には打ってつけの施設だろう。ただし宿泊料金は週末を除いても250豪ドル(約2万2,200円)とやや高め。透明なだけにプライバシーも気になるが、「ひと夏の思い出作り」に一度体験してみるのも悪くはなさそうだ。(香佳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン