サトン通りのBTS新駅、19年に完成見込み

タイの首都バンコクで高架鉄道(BTS)を運行するバンコク・マス・トランジット・システムは、BTSシーロム線に設置するサトン通りの新駅「スクサーウィタヤー駅」の完成が2019~20年になるとの見通しを示した。24日付ポストトゥデーが報じた。

スクサーウィタヤー駅はチョンノンシー駅とスラサック駅の中間に建設される。周辺地域でオフィスビルが増加し、特にチョンノンシー駅で通勤時の混雑が激しくなっているため、新駅の設置で緩和を図る。

事業費は6億5,000万バーツ(約22億3,000万円)。BTSの運賃収入を証券化して設立したインフラファンド「BTSレール・マス・トランジット・グロース・インフラストラクチャー・ファンド(BTSGIF)」から3億2,500万バーツを調達し、残りを生命保険大手の米系AIAタイランドが出資する。AIAのオフィスビル「AIAサトン・タワー」は駅と直結される。

公聴会は既に終了しており、現在は環境影響評価(EIA)を進めている段階。EIAが終わり次第、建設会社ジョムタコン・グループが工事を開始する。工期は18カ月。


関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

プロンポンのオフィス証券化、REIT上場(17:51)

テイクオフ:タイ人の同僚が年末年始…(01/23)

【日本の税務】海外赴任期間の変更(01/23)

17年の輸出額は過去最高更新 6年ぶり高成長、主要市場が堅調(01/23)

鋼管メーカー、苦境鮮明に 米反ダンピング措置強化で(01/23)

17年の会社設立、16%増の7.5万件(01/23)

菱洋が新会社、工場の自動化を支援(01/23)

NEC、レッドライン向け通信システム受注(01/23)

タイ工業団地アマタ、越に34億バーツ投資へ(01/23)

PTT、域内5カ国のスタートアップ支援(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン