有機汚染物質の条約で実行計画、首相が公布

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、「2025年までの残留性有機汚染物質(POP)に関するストックホルム条約の実行計画」を公布した。19日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 条約は01年に採択され、04年に発効。ベトナムは当初から締約しており、実行計画を作…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計化学・石化社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

市川環境、エコタウンを構想 循環型経済へ課題と商機(中)(02/26)

官房長官、車輸入について各国代表と会談へ(02/26)

大規模視察団を派遣、3月予定の大統領外遊(02/26)

自動車輸入制限、インドネシアが是正要請(02/26)

国産車の優遇案、タインコンが働き掛け(02/26)

越僑向け物件は供給不足=サヴィルズ(02/26)

EVNの20年までの投資計画、政府が承認(02/26)

プラ製造アンファット、韓国企業が出資(02/26)

超薄板ガラス工場案件、ニンビン省で承認(02/26)

韓国LDGの越法人、工場稼働初年度は赤字(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン