大気汚染費を企業から徴収、来年4月にも開始

台湾行政院(内閣)環境保護署(環保署)は16日、微小粒子状物質「PM2.5」やダイオキシンなど有害物質を排出する企業から「大気汚染費」を徴収する方針を発表した。関連法案を年末に提出し、早ければ2018年4月、遅…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国・深センに台湾人が…(11/23)

春節前賞与、企業の66.8%支給 じわり拡大も7割は前年水準維持(11/23)

小米、メディアテックの元COOを招へい(11/23)

10月のスマホ販売減少、アップルはシェア上昇(11/23)

緯創、iPhoneSE後継モデルを試験生産か(11/23)

ワイヤレス充電各社、iPhone効果で受注満載(11/23)

産業用PCの神基、VW向け診断機開発(11/23)

中鋼の10月税引き前利益、今年最高を更新(11/23)

オルソリバース、人工骨充填材を台湾で販売へ(11/23)

星カルーセル、台湾に海外初R&Dセンター(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン