クアルコムに234億元罰金、「競争阻害」で

台湾の公平交易委員会(日本の公正取引委員会に相当)は11日、通信IC設計世界大手の米クアルコムに対し、234億台湾元(約870億円)の罰金を科す決定を下した。クアルコムが通信技術に関する各種特許を背景に、台湾の事業者から7年にわたり約4,000億元に上るロイヤリティーを徴収…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台湾はオフィス勤務で…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

新型コロナ、宜蘭でクラスター発生(05/12)

市中感染リスク拡大で予防措置強化、政府(05/12)

指揮中心、中華航空のパイロット全員を隔離(05/12)

IC設計各社、3Qに最大30%値上げか(05/12)

聯発科技の20年研究開発費、最高の773億元(05/12)

PC2社、4月は前年同月比で二桁増収(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン