世界かんがい遺産に3施設、寧夏など

国際かんがい排水委員会(ICID)は10日、歴史的価値のある農業用水利施設を登録する「世界かんがい施設遺産」に中国から寧夏引黄古灌区など3施設を選んだ。中国新聞社電などが11日伝えた。

今年選ばれたのは寧夏引黄古灌区、陝西漢中三堰、福建黄鞠灌漑工程の3施設。うち寧夏引黄古灌区は2000年以上前に建設されたもので、地形の高低差を利用して黄河の水を効率的に活用。周辺地区の人口増などに貢献したという。

世界かんがい遺産の登録は優れた施設の保存を目指して2014年に始まり、今年で4回目の選定。中国の登録数は今年の3施設を合わせて13施設となった。

世界かんがい施設遺産に認定された寧夏引黄古灌区=11日、寧夏回族自治区青銅峡市(新華社)

世界かんがい施設遺産に認定された寧夏引黄古灌区=11日、寧夏回族自治区青銅峡市(新華社)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

軍民融合へ法令整理、足かせになるなら廃止(13:16)

寧徳時代、海外展開を加速へ 急成長の車載電池大手(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

〔寄り道〕「新年快楽」「恭喜発財」――(02/23)

春節の小売売上高15兆円、前年比10%増(02/23)

ミャンマーと日本企業の意見交換会開く(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

世界の富裕都市、トップ10に北京と上海(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

中国のくず鉄輸出、昨年は2203倍の激増(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン