世界かんがい遺産に3施設、寧夏など

国際かんがい排水委員会(ICID)は10日、歴史的価値のある農業用水利施設を登録する「世界かんがい施設遺産」に中国から寧夏引黄古灌区など3施設を選んだ。中国新聞社電などが11日伝えた。

今年選ばれたのは寧夏引黄古灌区、陝西漢中三堰、福建黄鞠灌漑工程の3施設。うち寧夏引黄古灌区は2000年以上前に建設されたもので、地形の高低差を利用して黄河の水を効率的に活用。周辺地区の人口増などに貢献したという。

世界かんがい遺産の登録は優れた施設の保存を目指して2014年に始まり、今年で4回目の選定。中国の登録数は今年の3施設を合わせて13施設となった。

世界かんがい施設遺産に認定された寧夏引黄古灌区=11日、寧夏回族自治区青銅峡市(新華社)

世界かんがい施設遺産に認定された寧夏引黄古灌区=11日、寧夏回族自治区青銅峡市(新華社)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(17:55)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(15:53)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

中国の経済政策を徹底批判 米リポート、世界の脅威と主張(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

技術移転の強制は歪曲、商務省が米国を批判(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

中国製などの鉄鋼輸入制限、米が一部を除外(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン