「ロヒンギャ放逐が狙い」と非難、国連報告書

【ジュネーブ共同】国連人権高等弁務官事務所は11日、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害について「ロヒンギャを国外に放逐し、帰還できないようにする狙いでミャンマー治安部隊が実施したものだ」…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(19:09)

金取引所の建設計画を提出、事業者協会(01:57)

ホテル予約イージーステイ、3年で10倍目標(12:35)

〔寄り道〕首都ネピドーの空港で拳銃などを…(10/20)

「メコンIT化へ電力商機」 シーメンス地域社長、受注獲得へ(10/20)

政府の最賃引上げ案、労使間に溝(10/20)

ウッドサイドの採掘延期、提携社は継続強調(10/20)

財政赤字補てん、一部を中銀から借り入れ(10/20)

ヤンゴン火災で邦人死亡、中心部のホテル(10/20)

制裁を要請、ロヒンギャ迫害で米議員団(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン