「ロヒンギャ放逐が狙い」と非難、国連報告書

【ジュネーブ共同】国連人権高等弁務官事務所は11日、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害について「ロヒンギャを国外に放逐し、帰還できないようにする狙いでミャンマー治安部隊が実施したものだ」と非難する報告書を発表した。多くのロヒンギャの住民が殺害され…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

太陽光で「安心して勉強」 パナが無電化村の学校に寄贈(07/13)

〔寄り道〕色とりどりの玉飾りがついた…(07/13)

【予定】13日 トランプ米大統領が初訪英ほか(07/13)

米がビザ発給停止、ミャンマーなどに制裁(07/13)

中銀、国内銀行の外資出資比率を精査(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン