「ロヒンギャ放逐が狙い」と非難、国連報告書

【ジュネーブ共同】国連人権高等弁務官事務所は11日、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害について「ロヒンギャを国外に放逐し、帰還できないようにする狙いでミャンマー治安部隊が実施したものだ」と非難する報告書を発表した。多くのロヒンギャの住民が殺害され…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

バガン遺跡地区、住民の生活規制を緩和(12/15)

通信TMH、公募増資へ 1月上場、説明会盛況(12/15)

港湾手続き電子化へ 日本が支援、モノの流れ円滑に(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

〔寄り道〕ミャンマー生活に欠かせない…(12/15)

インフラ整備協力推進、日緬首脳会談(12/15)

東部ミャワディ都市開発、吉林亜泰が投資か(12/15)

トヨタ製造会社、1~11月輸出が過去最多に(12/15)

配車ハロー、競争法違反でグラブを訴え(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン