• 印刷する

WA州、直行便視野に日系航空と交渉へ

西オーストラリア(WA)州政府はこのほど、日本を含むアジア各国とパースを結ぶ直行便の拡大と国内線の値下げを交渉し、パースは「物価が高く遠い」というイメージを一掃していくと発表した。計画の一環として、パパリア観光相が10月に日本で全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の役員との面会を予定している。26日付ウエスト・オーストラリアンが伝えた。

WA州政府は過去10年にわたり、パースと日本を結ぶ直行便の導入を目指してきた。パパリア観光相は「海外からの観光客を増やすには直行便を増やす必要がある」としており、シンガポールはパースとの直行便が週56便あることなどを背景にWA州の主要な観光市場となったと主張した。

WA州政府はまた、国内の観光客の増加も狙っており、国内線の値下げを国内航空大手のカンタス航空とヴァージン・オーストラリアに交渉している。また、国内他州からパースを訪れる観光客は去年6月から減少しているため、市内ホテルの空き室率が高くなっている。このため観光相は「パースでは5つ星ホテルに手ごろな価格で宿泊できる」ともアピールした。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのオリンピック…(10/07)

豪の最高税率適用者、10年で倍増 30年までに100万人突破も(10/07)

〔政治スポットライト〕岸田首相、10月下旬に豪訪問で調整(10/07)

豪の人材不足職種、前年から倍増(10/07)

卒業生ビザ拡大で人材不足解消を=商工会議所(10/07)

豪若者、高学歴も収入に見合わず?=報告(10/07)

豪8月貿易黒字が縮小、世界経済減速が圧力に(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン