• 印刷する

WA州、直行便視野に日系航空と交渉へ

西オーストラリア(WA)州政府はこのほど、日本を含むアジア各国とパースを結ぶ直行便の拡大と国内線の値下げを交渉し、パースは「物価が高く遠い」というイメージを一掃していくと発表した。計画の一環として、パパリア観光相が10月に日本で全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の役員との面会を予定している。26日付ウエスト・オーストラリアンが伝えた。

WA州政府は過去10年にわたり、パースと日本を結ぶ直行便の導入を目指してきた。パパリア観光相は「海外からの観光客を増やすには直行便を増やす必要がある」としており、シンガポールはパースとの直行便が週56便あることなどを背景にWA州の主要な観光市場となったと主張した。

WA州政府はまた、国内の観光客の増加も狙っており、国内線の値下げを国内航空大手のカンタス航空とヴァージン・オーストラリアに交渉している。また、国内他州からパースを訪れる観光客は去年6月から減少しているため、市内ホテルの空き室率が高くなっている。このため観光相は「パースでは5つ星ホテルに手ごろな価格で宿泊できる」ともアピールした。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世界コロナ対策の有効性、豪3位・NZ9位(22:10)

NEC、豪日間の海底ケーブル敷設を完工(18:24)

豪、再生ごみ処理能力拡大でファンド創設(18:24)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:オージーの友人の奥さん…(07/06)

【特別インタビュー】住宅業界から経済復興を 豪住宅産業協会インタビュー(07/06)

シドニーとメルボ、オフィス実質収入が減少(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン