• 印刷する

WA州、直行便視野に日系航空と交渉へ

西オーストラリア(WA)州政府はこのほど、日本を含むアジア各国とパースを結ぶ直行便の拡大と国内線の値下げを交渉し、パースは「物価が高く遠い」というイメージを一掃していくと発表した。計画の一環として、パパリア観光相が10月に日本で全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の役員との面会を予定している。26日付ウエスト・オーストラリアンが伝えた。

WA州政府は過去10年にわたり、パースと日本を結ぶ直行便の導入を目指してきた。パパリア観光相は「海外からの観光客を増やすには直行便を増やす必要がある」としており、シンガポールはパースとの直行便が週56便あることなどを背景にWA州の主要な観光市場となったと主張した。

WA州政府はまた、国内の観光客の増加も狙っており、国内線の値下げを国内航空大手のカンタス航空とヴァージン・オーストラリアに交渉している。また、国内他州からパースを訪れる観光客は去年6月から減少しているため、市内ホテルの空き室率が高くなっている。このため観光相は「パースでは5つ星ホテルに手ごろな価格で宿泊できる」ともアピールした。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西オーストラリア州ロー…(02/21)

豪4Q賃金、4年ぶり高水準 2.3%上昇、今後は減速か(02/21)

金融王立委の提言を反映、野党が法案発表(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

RBA、住宅価格と消費低迷で利上げ足踏み(02/21)

競争関連訴訟、中小企の保護を=豪政府(02/21)

BHP上期減益、事故で生産性向上にも影響(02/21)

ASC、潜水艦保守作業のパース移管を検討(02/21)

豪政府、太陽光パネル補助金に20億豪$拠出(02/21)

ANZの住宅ローン残高、伸び1%で低調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン