中国主導の高速鉄道、在来線活用に転換も

インドネシア政府が、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道事業に関して、新線の敷設を断念し、国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)の在来線を活用する方向に傾いていることが分かった。土地収用が大幅に遅れているためだ。ジャカルタ・グローブが伝えた。 ブ…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

ブカシの高速道で車両規制 来月12日から、首都方面のみ(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

ユーロカーズ、新マツダ車2種投入(02/23)

イナルム、年産100トンのアルミ工場建設へ(02/23)

首都の二輪車専用レーン廃止へ(02/23)

空港運営AP1、設備投資額は前年比2倍超(02/23)

バリ島など3港の工事業者決定、ペリンド3(02/23)

IVL、インドネシアにPET原料の新会社(02/23)

中小企業製品に特化したPLBを設置へ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン