• 印刷する

故障のMRT3号運営会社、住商の保守希望

マニラ首都圏のMRT(高架鉄道)3号線を運営するメトロ・レール・トランジット(MRTC)は、住友商事に保守業務を委託する意向を示した。昨年から故障や脱線事故が相次いでいるため、過去に3号線の建設と保守を手掛けた住友商事に業務を再委託し、運行を正常化する計画だ。地元紙ビジネスミラーが伝えた。

MRTCのフレデリック・パライノ社長が先ごろ、住友商事と契約する計画を記した書簡をドゥテルテ大統領に送達した。同社が保守業務に復帰することを条件に、劣化が指摘されているレールシステムの改修に1億5,000万米ドル(約165億円)、予備部品の調達に5,000万米ドルを投じる構想を示している。書簡によると、両社は契約に向けて話し合っている段階という。ただ、住友商事の担当者はNNAに対して8月31日、「現時点ではコメントは控えたい」と述べた。

1999年に開通した3号線は、住友商事と三菱重工業などが建設に携わった。保守業務は2社が2012年まで担当し、16年からは韓国の釜山交通公社など5社が設立した合弁会社プサン・ユニバーサル・レールが手掛けている。MRTCは、「プサン・ユニバーサル・レールの不適切な保守によって、膨大な件数の故障と脱線がくり返し起きている」(チャベス運輸次官)として、住友商事との再契約を希望している。


関連国・地域: 韓国フィリピン日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(13:21)

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(12:11)

テイクオフ:フィリピンにはバスケッ…(01/23)

プライバシー権、認識足りず マニラのシンポで識者が警鐘(01/23)

「マニラ信金会」初開催、現地支援を強化(01/23)

22日為替:$1=52.930ペソ(↓)(01/23)

航空電子、車載カメラ向けコネクタ生産開始(01/23)

サンミゲル、ケソン州にセメント工場を提案(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

19年度予算案が上院通過、2月頭の成立視野(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン