製薬キミアの医薬原料工場、来年上期に稼働

インドネシアの国営製薬キミア・ファルマは、韓国の同業スンウン(Sungwun)・ファーマコピアと合弁で建設を進める西ジャワ州チカランの医薬品原料工場を、2018年上半期(1~6月)にも稼働できる見通しを示した。すでに工場の建設工事は完了している。30日付コンタンが伝えた。 …

関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

認可制度の抜け穴で森林破壊=環境団体(13:33)

テイクオフ:コロナ下で2度目の断食…(04/14)

現代自がEVの充電器設置 リッポーと、民間企業の設置進む(04/14)

ダイハツ1~3月小売り3万台、3月伸長(04/14)

バラン・エナジー、電動バイクを限定販売(04/14)

三菱商事の合弁、首都郊外で駅周辺開発(04/14)

チカンペック高架道の名称、MBZ高架道に(04/14)

バンドン高速鉄道、1駅追加し全5駅に(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン