エプソン第3工場を開所、1.4億ドル投資

セイコーエプソンは25日、フィリピン・バタンガス州の工業団地「リマ・テクノロジー・センター(LTC)」に建設した第3工場の開所式を実施した。総投資額は1億4,300万米ドル(約156億円)。インクジェットプリンターやプロジェクターの増産体制を整え、新たにプロジェクターの基幹部品の生産を開始した。

完全子会社エプソン・プレシジョン・フィリピン(EPPI)の敷地内に、建築面積5万3,000平方メートル、延べ床面積10万8,000平方メートルの第3工場を建設した。新工場ではインクジェットプリンターを生産。工場の建屋を6月末に完工し、7月末に生産を開始していた。

このほか、既存工場のプロジェクター生産ラインも増設した。プロジェクターの基幹部品であるレーザー光源ユニットの生産も開始した。

EPPIの敷地面積は23万平方メートル、建物面積は4割増の19万3,000平方メートルとなった。生産能力は非公表。5月末時点の従業員数は約1万4,400人で、増員も計画している。

フィリピン工場では、新興国向けの大容量インクタンク搭載プリンター、プロジェクター、ウエアラブル情報機器「スマートグラス」を生産する。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

韓国とインフラ向けODA交渉、年内調印へ(20:18)

マニラ港湾運営、2千万ドルでクレーン導入(20:18)

フィリピン大は75位に低下、アジア大学番付(20:17)

トヨタ現法、振興策向け投資に10億ペソ追加(10/20)

ジェイテクト、12月から電動パワステ生産(10/20)

画像処理モルフォ、スマホ最大手がソフト採用(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

パナソニック、販社に空調専門チームを設置(10/20)

預金準備率を段階的に引き下げ、中銀総裁(10/20)

マラウイ債、来年1月に300億ペソ発行へ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン