エプソン第3工場を開所、1.4億ドル投資

セイコーエプソンは25日、フィリピン・バタンガス州の工業団地「リマ・テクノロジー・センター(LTC)」に建設した第3工場の開所式を実施した。総投資額は1億4,300万米ドル(約156億円)。インクジェットプリンターやプロジェクターの増産体制を整え、新たにプロジェクターの基幹部品の生産を開始した。

完全子会社エプソン・プレシジョン・フィリピン(EPPI)の敷地内に、建築面積5万3,000平方メートル、延べ床面積10万8,000平方メートルの第3工場を建設した。新工場ではインクジェットプリンターを生産。工場の建屋を6月末に完工し、7月末に生産を開始していた。

このほか、既存工場のプロジェクター生産ラインも増設した。プロジェクターの基幹部品であるレーザー光源ユニットの生産も開始した。

EPPIの敷地面積は23万平方メートル、建物面積は4割増の19万3,000平方メートルとなった。生産能力は非公表。5月末時点の従業員数は約1万4,400人で、増員も計画している。

フィリピン工場では、新興国向けの大容量インクタンク搭載プリンター、プロジェクター、ウエアラブル情報機器「スマートグラス」を生産する。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪普及事業の期限、来年5月に延長(17:26)

コカコーラ、砂糖供給減で生産制限(17:27)

建材ウィルコンデポ、出店ペースを加速(17:27)

テイクオフ:「洗車しはじめると雨が…(06/20)

順調なインフラ整備を強調 比経済閣僚が東京で説明会(06/20)

年内にインフラ30事業始動、総額2.2兆円(06/20)

JTの現地工場に太陽光パネル、東南ア最大(06/20)

19日為替:$1=53.440ペソ(↑)(06/20)

メトロパシ、165億円でカビテに物流基地建設(06/20)

首都圏モノレール、年内に機材調達業者選定(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン