ファミマがスーパーの脅威に 生鮮品充実店舗、18年に千店超へ

コンビニエンスストア台湾大手「全家(台湾ファミリーマート)」を運営する全家便利商店が、スーパーマーケットの顧客の取り込みを強化している。生鮮品や冷凍食品のラインアップが充実した「超市型便利商店(スーパー型店舗)」が2017年8月時点で600店を突破。同社は16日、都市部…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

聯発科技、5G対応SoCの旗艦製品発表(01/22)

ペガトロン、南部チェンナイ近郊で用地確保(01/22)

電動二輪の品睿緑能、今年6千台販売目指す(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン