特許の審査期間が大幅短縮、最短113日に

インド特許庁の業務改革は順調に進んでいるもようだ。昨年の特許規則の改正を受け、製薬企業のオプティマス・ドラッグに審査開始から113日で特許権が認められていたことが関係者の話で分かった。タイムズ・オブ・イン…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

インドで韓国製品アピール、輸出多角化へ(18:17)

エアテル、18~19年度に3200億ルピー投資(15:35)

VW、部品供給拠点を拡充へ(15:34)

中国製タイヤにAD関税、最大452ドル(15:15)

テイクオフ:確率は1割程度か。地場…(09/20)

M&M、トラクター市場で攻勢 自動運転モデルを来年投入へ(09/20)

現代自は品質重視、シェア低下は問題視せず(09/20)

表面実装の台表科、4Qにも印新工場を稼働(09/20)

車部品イングレス、インド合弁を完全買収(09/20)

米系UMロヒア、二輪車の新工場を計画(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン