特許の審査期間が大幅短縮、最短113日に

インド特許庁の業務改革は順調に進んでいるもようだ。昨年の特許規則の改正を受け、製薬企業のオプティマス・ドラッグに審査開始から113日で特許権が認められていたことが関係者の話で分かった。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が16日伝えた。 インドでは従来、特許権の取得…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

宏碁がノートPCをインド生産か、政府要求(10/30)

ファーマニアガ、ワクチン充塡で印社と覚書(10/30)

テイクオフ:インド人はディワリ(灯…(10/29)

今年も首都圏で大気汚染悪化 野焼き原因、コロナ影響懸念も(10/29)

ユニクロ、オンライン販売を開始(10/29)

スズキとMS、運転免許試験システム開発(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン