【法令解説】企業買収の方法について

■1.昨今のインドネシアにおけるM&Aの傾向 昨今、最低資本金規制が強化されたことにより、外資企業のインドネシア参入は、ますます厳しくなりました。特に、最低投資額が100億ルピア(約8,300万円)を満たさない限り、IUT(恒久ライセンス)が取得できなくなったことを考…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシア社とエンジン生産、斗山インフラ(15:48)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(15:36)

製薬カルベ、ミャンマーで22年に商業生産(14:40)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(12:56)

テイクオフ:日本映画の宣伝広告を海…(08/22)

QR決済の上限額を設定 1回200万ルピアに、中銀規定(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ワッツアップ、モバイル決済事業参入を計画(08/22)

西ジャワ州とトコペディア、協力覚書を締結(08/22)

新首都に中銀とOJKは移転せず、開発長官(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン