裁量労働で働き方柔軟に、在宅勤務も=トヨタ

【共同】トヨタ自動車が裁量労働の対象社員を拡充する方針であることが2日、分かった。法律で定める裁量労働制とは違う独自の制度を12月にも導入し、社員が勤務時間を柔軟に決められるようにする。在宅勤務の対象を一般職に当たる業務職に広げることも検討している。 仕事と家庭の…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

テイクオフ:新型コロナにより中国か…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

日系昇給率、21年は横ばい コロナ警戒続く、NNA調査(01/20)

鹿島の高炉再稼働、自動車需要の回復で=日鉄(01/20)

グリーン戦略の不備指摘、再エネ目標で英大使館(01/20)

鹿島傘下アイコン、メルボで新オフィス開発(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン