裁量労働で働き方柔軟に、在宅勤務も=トヨタ

【共同】トヨタ自動車が裁量労働の対象社員を拡充する方針であることが2日、分かった。法律で定める裁量労働制とは違う独自の制度を12月にも導入し、社員が勤務時間を柔軟に決められるようにする。在宅勤務の対象を一般職に当たる業務職に広げることも検討している。 仕事と家庭の…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(12:49)

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

テイクオフ:米ファストフード大手マ…(11/21)

トヨタが決済アプリ提供、顧客データ収集・活用(11/21)

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

【循環型経済】輸入規制、阻む資源再利用 中央大・佐々木教授に聞く(上)(11/21)

日野といすゞリコール、大型バス(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

日本2社、シドニー羽田便拡大 JAL初参入、ANAは1日2便(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン