裁量労働で働き方柔軟に、在宅勤務も=トヨタ

【共同】トヨタ自動車が裁量労働の対象社員を拡充する方針であることが2日、分かった。法律で定める裁量労働制とは違う独自の制度を12月にも導入し、社員が勤務時間を柔軟に決められるようにする。在宅勤務の対象を一般職に当たる業務職に広げることも検討している。 仕事と家庭の…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:男たちが高梁酒を飲みな…(02/19)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

クルーズ下船の邦人帰国、4人とも感染なし(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

ホンダ四輪開発本体に統合、創業者発案を見直し(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

見本市、4月いっぱい中止 貿易発展局、負の連鎖に懸念も(02/19)

トヨタ、「RAV4」など1238台を無償修理(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン