• 印刷する

《日系進出》アンダーソン・毛利・友常が拠点

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、シンガポールと中国・上海に本年度中に拠点を開設すると明らかにした。上海は近々、シンガポールは数カ月をめどに開設を目指す。既存の北京と合わせた海外3拠点から日系企業の事業を支援する。

シンガポール事務所では、国内と周辺地域向けの金融取引、紛争処理、合併・買収(M&A)の法律サービス提供に注力する。

シンガポールの代表弁護士は、日本の金融庁への出向経験もあり、M&Aと金融取引の経験が豊富なパートナーの花水康氏が務める。同弁護士事務所では、金融商品の取引を扱う弁護士がアジアに常駐する例はまれで、新規性があると指摘している。花水氏以外にも、シンガポールの法律事務所などに出向している弁護士を1~2人、事務所の常駐にする予定という。

上海事務所の代表弁護士は、長く北京の主席代表を務めたパートナーの森脇章氏が就任する。森脇氏は、同事務所が昨年に設置したアジア・新興国の担当デスク制度では、中国のほかにミャンマーも担当している。

アジア・新興国で事業として取り扱いが多いのは中国、インドで、これにベトナム、インドネシアが次いでいるという。

同法律事務所が拠点を設置することで、森・濱田松本法律事務所、西村あさひ法律事務所、長島・大野・常松法律事務所を含めた日本の4大法律事務所がすべてシンガポールで直接的な日系企業の支援を行うことになる。

アンダーソン・毛利・友常は、海外2拠点のほかに、本年度中に名古屋にも拠点を開設することを明らかにしている。


関連国・地域: 中国ベトナムシンガポールインドネシアインド日本
関連業種: 金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

持続可能な製造の人材育成、HPなどが開始(08/19)

新規感染3553人、2日連続で減少(18日)(08/19)

証券取引所、22年6月期は売上高が過去最高(08/19)

水道庁、初のグリーンボンド発行へ(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

柔軟な勤務形態への要求強く フルタイム出社で転職「6割」(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン