【経営の羅針盤】低成長時代への対応シリーズ ♯4 管理者育成の羅針盤

昨今、韓国の企業を取り巻くビジネス環境は様々な変化が起こり始めている。特に、文在寅大統領は労働政策として、「最低賃金1万ウォンの実現」、「非正規社員の正社員化」、「勤務時間短縮(週52時間労働)」を公約に掲げており、労使間においては「使用者が不利な状況」に向かっ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

恵和が韓国法人を解散、支店設立へ(16:56)

サムスン重工業、5Gで自律運航試験(16:56)

大韓航空が希望退職募集、業績悪化で(16:59)

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

テイクオフ:ある日はチグルチグル、…(12/12)

発電用パーム油を日本へ輸出 来年から年30万トン、3社が覚書(12/12)

中小の52時間制に1年猶予 企業負担を考慮、例外規定拡大も(12/12)

日医工出資のバイオ製薬社、ユニコーンに(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン