UOB銀、4~6月期は6%増益

シンガポールのUOB銀行が28日発表した2017年第2四半期(4~6月)決算は、純利益が8億4,500万Sドル(約688億9,000万円)となり、前年同期から5.5%増加した。純金利収入と手数料収入がともに拡大したのが大きい。 経常収益(売上高に相当)は21億8,300万Sドルと7.9%増加…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染4人、市中感染はゼロ(27日)(17:42)

サービス業売上高、3Qは回復もマイナス圏(17:54)

外食キムリー、コロナ禍でも通期は25%増益(16:20)

NTUCの旅行保険、コロナ感染も補償(16:07)

英家電ダイソン、製造やR&D事業を拡充(15:39)

10月の製造業生産、一転急落 電子低迷とバイオ医療鈍化で(11/27)

ジョ州国境鉄道の国内工事、五洋建設に発注(11/27)

格安スクート、機内サービスをデジタル化(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン