来月から観光税開始、外国人のみ10リンギ

マレーシアのナズリ・アジズ観光・文化相は26日、国内宿泊施設利用者に課される観光税を8月1日から開始すると明らかにした。マレーシア人は免除で、外国人からは、宿泊施設のランクにかかわらず、1泊1室あたり10リンギ(約260円)徴収する。国営ベルナマ通信、スター(電子版)が伝えた。

同相が、連邦議会(下院)の答弁で明らかにした。マレーシア人については、中~低所得者層への負担が増えること、国内旅行振興に影響するとして免除とした。

ホテル側は宿泊費用に含める形で観光税を徴収し、税関局に納める。マレーシア人と外国人が同室に宿泊した場合の取り扱いは不明。

観光税は「2017年観光税法」の施行に伴い導入されるもので、これまで宿泊施設の利用客には1室1日当たり2.5~20リンギが課税されるとしていたが、観光誘致に影響するとして複数の州が反対。関税局のシステム整備の問題もあり、導入が先送りされていた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 商業・サービス観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.6、$=3.89RM(20日)(04/20)

アヤラランド、KLで住宅開発用地取得(04/20)

プロドゥアは2桁増で独走 3月新乗用車販売、前年比8%減(04/20)

高速鉄道インフラ会社の入札、締切6カ月延長(04/20)

RM=27.6、$=3.88RM(19日)(04/20)

【アジア三面記事】結納金貸します(04/20)

プロドゥア労組、UMVの買収提案に反対(04/20)

CCM、三井住友銀からイスラム融資枠獲得(04/20)

MUI、英国のコーラスホテル2軒売却(04/20)

マレーシア企業幹部が立山黒部など視察、ホテル進出可能性探る(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン