テイクオフ:「日本は植民地時代に韓…

「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」

韓国人の友人の父親からこんな質問を受けた。答えはなんと「そばの毒で殺そうとしたから」らしい。そして、「でも韓国人は死ななかった。大根を一緒に食べれば毒を中和できることを知っていたからだ」と続けた。

「そんな馬鹿な」と思いつつ、調べてみると江戸時代の書物「諸芸小鏡」に「麺類を食して毒にあたらば、大根を食らうべし。毒消ゆるなり」とあることが分かった。ただ、この「毒」は消化不良の意味で、死に至るような話ではないと注釈が付いていた。

植民地時代には日本の風習が多く朝鮮半島にも伝わった。しかし、日本による桜の植樹も「民族の精気を奪うため」と曲解されている。「そばに大根」の風習もどこかで韓国に伝わったのかもしれないが、さすがに歪みすぎではないか。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「有事の際はソウル脱出を」 聖学院大の宮本悟教授が助言(12/15)

11月の輸入物価指数、3.9%上昇(12/15)

ディスプレーや半導体、中国の攻勢で打撃(12/15)

2017年の貿易額、3年ぶり1兆ドル突破(12/15)

産銀、ICBCと5億米ドルの通貨スワップ(12/15)

日韓銀行、分散台帳技術活用の送金テスト(12/15)

企画財政省「市場を鋭意注視」、米利上げで(12/15)

韓国MBG、ベトナムにLED照明輸出へ(12/15)

科技庁とサムスン、肝臓がん研究で提携(12/15)

ネイバーラボ、ロボット技術の公開へ(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン