インフル猛威、今後2週間に警戒を=香港大

香港大学微生物学部の袁国勇教授はこのほど、夏季の季節性インフルエンザが猛威を振るっているとして、向こう2週間は感染予防に努めるよう香港市民に呼び掛けた。特に幼児や高齢者の感染への警戒を高めるべきとしている。 21日付香港経済日報などが伝えた。袁教授によると、今夏の…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港ブックフェア、来年7月に再延期(21:48)

第4波到来、中小企業窮地に 補助金終了、年末商戦も空振り(11/24)

【日本の税務】会社役員が海外勤務となった場合(11/24)

新たに73人感染、域内は63人=計5701人に(11/24)

RCEP加盟国との貿易額、昨年は7割超(11/24)

続伸、ハイテク株への買い続く=香港株式(11/24)

恒大物業、香港IPOに向け公募受付開始(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン