• 印刷する

JICA、国民皆保険の実現へ技術協力

国際協力機構(JICA)はベトナムの健康保険制度の拡充に向けて協力する。11日、保健省およびベトナム社会保障(VSS)との間で、技術協力プロジェクトの合意文書を交換した。

健康保険料の徴収や管理を行うVSSと、診療報酬を受け取る病院を所掌する保健省が連携して、最適な保険の支払い方式の導入や、保険適用サービスパッケージの改定、加入促進などを支援する。プロジェクト期間は今年10月から2年間。

ベトナム政府が策定した「2030年を見据えた11~20年における国民健康の保全、改善に向けた国家戦略」において、国民皆保険制度の構築は目標として盛り込まれている。健康保険の加入率は現在は81.7%にまで高まったが、被保険者の半数は貧困層などで国が保険料を負担している。また2,000万人は未加入で多くは、生活に困難を抱えている。

JICAのプロジェクトでは、日本の専門家が協力し、エビデンスに基づく最適な診療報酬支払い方式の策定や保険適用サービスパッケージの開発、関連するITシステムの強化を推進し、健康保険加入を促進させる。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

欧州とのFTAばねに成長へ 発効間近、TPP超える経済効果(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

5月の輸出額15.5%減、2カ月連続で赤字(06/01)

5月CPI上昇率2.40%、原油安の影響続く(06/01)

5月の鉱工業生産、3.1%の下落(06/01)

自動車部品メーカーの部材にも輸入税0%(06/01)

ビンGの工業部門、米国を重要市場に設定(06/01)

ベトナム航空、国内線をすべて復旧(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン