• 印刷する

大魯閣、高雄SC株を新光三越に譲渡

台湾繊維大手、大魯閣実業(タロコ、大魯閣繊維から改名)は10日、傘下でショッピングセンター(SC)の開発や運営を手掛ける大魯閣開発が運営する高雄市前鎮区の郊外型大規模SC「大魯閣草衙道購物中心(タロコパーク)」の株式60%を、百貨店最大手の新光三越百貨に譲渡すると発表した。譲渡額は約11億7,000万台湾元(約43億7,000万円)。大魯閣実業は新光三越の資源を引き入れることで、運営コストの低減を図る。

10日付自由時報によると、新光三越はタロコパークを共同運営することで、アミューズメント市場を開拓する狙いがある。正式な譲渡契約は1カ月以内に結ぶ見通し。

新光三越百貨の呉キン陽執行副総経理(キン=日へんに斤)は、「タロコパークの運営は同社が目指すエクスペリエンス・エコノミー(体験経済)の考えに一致するもの」と説明し、アミューズメント市場で得た経験を消費者にも還元していく考えを示した。

大魯閣実業は子会社の大魯閣開発を通じて商業施設やアミューズメント施設の運営に事業転換を図っている。2015年7月に台中市東区にモール型専門店街「大魯閣新時代購物中心」を、16年5月には大魯閣草衙道購物中心を開業。新竹市北区で開発中の小型SC「大魯閣ナン雅広場(ナン=さんずいに南)」は年末の開業を見込んでいる。

新光三越が株式60%を取得する高雄のSC「大魯閣草衙道購物中心」(同社提供)

新光三越が株式60%を取得する高雄のSC「大魯閣草衙道購物中心」(同社提供)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融建設・不動産小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

二林精密機械園区、環境アセス初審通過せず(12:19)

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…(01/23)

19年は7割が人件費上昇実感 許容限度せめぎ合い、NNA調査(01/23)

クラウドエース、台湾法人を設立(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

5G商用化、早ければ20年末にも(01/23)

ウーバー台湾がTTA加入、米本部と人材育成も(01/23)

通信機器の智邦、苗栗工場建設で1千人募集へ(01/23)

19年の世界半導体設備投資、4年ぶりマイナス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン