【香港新成長】高コスト吸収が鍵に 越境EC拠点としての課題

【越境EC編・第2回】 中国向けのクロスボーダー電子商取引(越境EC)を手掛ける上で、香港はさまざまなリスクヘッジができる機能を持つ。東南アジア諸国連合(ASEAN)への展開が視野に入る環境にあることも魅力だ。ただ良いこと尽くめではない。世界有数の高額なオフィ…

関連国・地域: 中国香港日本ASEAN
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの集…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

新型肺炎、初確認から1カ月 対策相次ぎ実施、感染者74人に(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

帰還の男性、初の感染判明=計74人に(02/24)

チャーター機第3便が帰還、計213人戻る(02/24)

タイ航空が3月の運休拡大、日本便も対象に(02/24)

300億$の肺炎対策基金、予算案が財務委通過(02/24)

一部保険販売、対面なしでも可に=感染対策で(02/24)

続落、新型肺炎の拡大を不安視=香港株式(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン