• 印刷する

テイクオフ:20年前は香港にいた。…

20年前は香港にいた。世界的な一大イベントだった英国から中国への返還の現場にいられることに、興奮を感じていた。中国に復帰してから数日間の香港は、集中豪雨の洗礼を受ける。そして同じころ、アジアを激しく揺さぶる大きな事件が発生しつつあった。

アジア通貨危機の本格的な幕開けとなったタイ・バーツの変動相場制移行は、まさに香港返還翌日の1997年7月2日。「タイで大変なことが起きているぞ」と話題にしていたら、マレーシア、インドネシア、韓国と通貨暴落の波は瞬く間に拡散し、ここインドネシアでは、翌年のスハルト政権崩壊を引き起こす。

「輝いているように見えたアジア経済がこんなことになってしまうとは……」——。自身にとっても、あまりに衝撃的だったのはもちろんのこと。ふた昔前の出来事ではあるけれど、決して忘れることはできない。(和)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トコペディア系のPtoP事業者が認可取得(15:23)

テイクオフ:今週イスラム教断食明け…(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

4月新車販売、前月比7%減も減税効果続く(05/10)

トヨタ「ライズ」、わずか6日で1269台成約(05/10)

リスクベースの事業許認可、6月2日から(05/10)

ジャカルタ首都圏も帰省禁止方針、運輸局長(05/10)

帰省禁止後3日間、首都圏外への車両46%減(05/10)

KCCグラス、インドネシアに工場新設へ(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン