HCM市の輸出額、上半期は17.4%増加

ホーチミン市の上半期(1~6月)の輸出額は前年同期比17.4%増の170億米ドル(約1兆9,080億円)だった。28日付ベトナムネットが報じた。 輸出の伸びは、政府による支援策や関連プロモーションを受けたものとみられている。輸出品目別にみると、コンピューター・電子機器・部品…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州とのFTAばねに成長へ 発効間近、TPP超える経済効果(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

5月の輸出額15.5%減、2カ月連続で赤字(06/01)

5月CPI上昇率2.40%、原油安の影響続く(06/01)

5月の鉱工業生産、3.1%の下落(06/01)

自動車部品メーカーの部材にも輸入税0%(06/01)

ビンGの工業部門、米国を重要市場に設定(06/01)

ベトナム航空、国内線をすべて復旧(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン