北京のPM2.5濃度、5月は15%低下

北京市環境保護局の発表によると、5月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は46マイクログラムだった。前年同月比で14.8%低下した。 その他の大気汚染物質の平均濃度は◇粒子状物質「PM10」:19.5%増の98マイクログラム◇二酸化硫…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

SKイノ、南シナ海で初の原油探査成功(17:29)

バンドン高速鉄道、総事業費61億ドルに(17:23)

旧正月の本土客は53万人 2年連続増加、地場小売りも好調(02/21)

レパダウン銅山、住民が操業中止求めるデモ(02/21)

1月輸出額22%増、半導体や石油製品が好調(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

オープンライス、飲食店向けサービス強化(02/21)

タイヤ原料不足、業界団体が輸入拡大要求(02/21)

蘇寧の香港店が販売商品多角化、粉ミルクも(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン