北京のPM2.5濃度、5月は15%低下

北京市環境保護局の発表によると、5月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は46マイクログラムだった。前年同月比で14.8%低下した。 その他の大気汚染物質の平均濃度は…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

周大福、7~9月の香港・マカオ販売2桁増(15:02)

鴻海、IDGと自動車技術関連のファンド(15:58)

水素エネルギー産業、5年内に爆発的成長も(15:34)

発電メガファースト、中国事業から撤退(15:13)

住商、動物用医薬品を販売 年内に開始、年間売上げ数億円へ(10/19)

テイクオフ:「荷物検査をして」。1…(10/19)

供給と需要両面に課題 20万台超のジプニー近代化(下)(10/19)

高速鉄道、11月から用地買収 ジョ州人工島駅の追加は協議中(10/19)

チャウピュー深海港、中国側権益70%で合意(10/19)

世界先端の総合的な国力を 今世紀半ばに実現へ、習総書記(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン