• 印刷する

給与上昇率、労働生産性の伸び上回る

ベトナムの2010~16年における公務員の給与の平均上昇率は12.59%で、同期間の国内総生産(GDP)成長率や労働生産性の伸びを上回った。5月30日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。

労働・傷病軍人・社会事業省傘下の労働社会科学研究所の報告によると、大半の産業分野でも給与の上昇率が労働生産性の伸びを上回っており、例外は不動産、金融・銀行、社会保険の3分野に限られるという。給与の上昇率が最も低いのは農業の10.9%、最も高いのはサービス業の12.03%。製造業は10.64%で、このうち繊維・縫製と皮革・製靴は上昇率は高いものの、実際の給与水準は427万ドン(188米ドル、約2万890円)で、全体の平均の442万ドンより低かった。

同研究所のダオ・クアン・ビン所長は、給与水準が低い産業は最低賃金の引き上げにより給与の上昇率が高く、給与水準が高い産業は給与と労働生産性の上昇率が近づく傾向があると分析している。

報告はまた、最富裕層20%と最貧困層20%の所得格差が、02年の8.1倍から14年には9.8倍に拡大したと指摘。富裕層の所得上昇率が貧困層のそれを上回り、経済成長の恩恵を富裕層がより多く享受しているため、貧困格差が拡大したとしている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

競争法、多角的な判断可能に 新法の細則定める政令35号が施行(06/02)

国内生産車の登録料、消費刺激策で年内半額(06/02)

鉄道総公社の管轄権、首相は現状維持を指示(06/02)

ベカメックス、工業団地と賃貸工場を準備(06/02)

繊維・衣類輸出、今年は20%減予想も(06/02)

ベトテルグローバル、今年は15%増収を目標(06/02)

韓国ビリヤード場、7月に越1号店を開設(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン