外国人建設作業員、20年までに2~3割削減へ

シンガポール建築・建設業管理局(BCA)のジョン・ケウン局長はこのほど、建設業界で外国人作業員を大幅に削減する意向を表明した。生産性向上が目的で、2020年までに20~30%削減することを目指す。29日付ストレーツ・タイムズなどが伝えた。 国内建設業界は現在、約30万人に…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の文化を考える上で…(10/22)

小売店賃料、7~9月も大幅減 制限緩和で来年初めに底打ちも(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

マスターカード、指紋認証決済カード提供へ(10/22)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(10/22)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(10/22)

遠隔医療の地場企業、メンタルヘルスも対応(10/22)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(10/22)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン