石油シェルの電力小売り参入、株主が承認

フィリピンの石油元売り大手ピリピナス・シェル・ペトロリアム(PSPC)は18日、電力小売り事業に参入する計画を株主が承認したと発表した。バタンガス州タバンガオで運営する製油所で自家消費目的の発電を行っており、余剰分を電力卸売りスポット市場(WESM)で販売する。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領が、ミ…(12/13)

自動車税が単純累進課税へ 税制改革法案の一本化完了(12/13)

10月貿易収支、赤字が28.4億ドルに拡大(12/13)

10月工業生産量、2カ月連続のマイナス(12/13)

フィッチが信用格付を引き上げ、13年以来(12/13)

不完全就業率が改善、2000年代前半の水準(12/13)

地場発電、佐賀県のバイオマスに出資へ(12/13)

来年初にグローバル債発行、10億ドル調達へ(12/13)

12日為替:$1=50.510ペソ(↓)(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン