JCインター航空、バンコク線を6月就航

中国の景成集団が運営するJCインターナショナル航空は、カンボジアの首都プノンペンとタイの首都バンコクを結ぶ路線を6月に就航する。東南アジア地域への国際線の乗り入れは初めて。クメール・タイムズ(電子版)が18日に伝えた。

6月6日からプノンペンとバンコクのドンムアン空港を結ぶ路線を1日1便運航する。フアン・ドンヤン最高経営責任者(CEO)は「観光と商用の両方でカンボジア人にとってなじみの深いバンコクに就航する」と述べた。

カンボジア民間航空局(SSCA)の広報担当者によると、JCインターナショナルは同路線の就航に関してタイ当局の承認も得た。当初はスワンナブーム国際空港への就航を目指していたが、多くの利用が見込める時間帯の発着枠が確保できなかったという。

JCインターナショナルは、カンボジア国内線のほか、台湾とマカオに国際線を運航している。プノンペン―バンコク線は現在、タイ国際空港、バンコク航空、マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアの3社が運航している。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

最低賃金、5月から110万キープに引き上げ(04/24)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

会社登記申請件、1~3月は2.6倍(04/24)

アジア横断鉄道の区間整備、中国が融資へ(04/24)

ロン島で5つ星ホテル開業、4千万ドル投資(04/24)

17~18年期コメ生産4%増、中国需要けん引(04/24)

ネット融資業者に注意を、中銀が呼び掛け(04/24)

ウドンメンチェイ州、玉渓市と友好提携へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン