• 印刷する

ドローンに実名登録を義務付け、6月から

中国民用航空局(民航局)は16日、250グラム以上のドローン(小型無人機)の利用に対して6月から実名での登録を義務付けると発表した。ドローンの利用をめぐる問題が相次いでおり、管理体制の強化に乗り出す。17日付人民日報などが伝えた。

きょう18日から実名登録のためのオンラインシステムの運用を開始し、6月から正式に実名登録制を導入する。8月31日以降は、同システムへの登録を行っていないドローンの利用は違法飛行と見なされる。

ドローン市場に詳しいアナリストは「業界は一段と健全かつ急速な発展を迎えることになるだろう」と管理体制の強化に賛同。ドローン企業の責任者は「管理体制の強化で、短期的に一部ドローン企業の経営に圧力が加わることになる」との認識を示した。

民航局によると、ドローンが航空便の正常な運航を妨げるトラブルが4月だけで13件発生。このうち四川省の成都双流国際空港では、ドローンの影響によって34便が欠航するなどしたという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

海外からの対中投資、1~7月は2.3%増(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

エコカーの購入、7割超が検討=中国紙調査(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン