• 印刷する

【アジアで会う】山口禮子さん ホテル海外販促支配人 第151回 俳句でつなぐ日韓交流(韓国)

やまぐち・れいこ 東京都生まれ。慶応義塾大学(民族学・考古学)卒。女性誌などを発行している祥伝社で、旅行と料理分野を担当する。1991年に渡韓し、大学付属の語学学校、成均館大学大学院を経て96年にソウルガーデンホテルに就職。現在は、日本人担当の営業支配人を務める。

韓国の首都ソウルの金融街・汝矣島(ヨイド)にほど近い麻浦区功徳に位置するベストウェスタンホテルグループのソウルガーデンホテル。日本人担当営業支配人の山口禮子さんは、このホテルに21年間勤めてきた。「韓国で21年も同じホテルで勤めている日本人は、私くらいでしょう」と笑いながら迎えてくれた。

考古学を専攻していた学生時代から韓国に興味を持っていた山口さんが、本格的に韓国語を勉強しようと考えたきっかけは、民族学的に見た古代の東アジアの関係への関心と韓国人との直の交流だった。「主人の会社と取引のある中小財閥の息子が日本に研修に来ていて、彼と交流するうちに韓国への興味がますます高まっていった。また、旅行で韓国に訪れた際、宿泊先の人やその近所の喫茶店の店主が、当時は言葉もあまり通じないのに非常に良くしてくれた。そういった経験の積み重ねが大きかったと思う」と話す。

91年から韓国の語学堂(大学付属の韓国語学校)で韓国語を学び、その後、成均館大学大学院に入学する。96年にご主人とともにソウルガーデンホテルに就職。当初は、ご主人が日本人担当の支配人を務め、山口さんはホテル内にあった日本食堂の支配人となった。03年にご主人が亡くなられ、しばらくして日本人担当の営業支配人に就任した。

■ソウルで俳句と出会う

俳句と出会ったのは、留学中の1995年。「ソウル俳句会」に入会したのがきっかけだ。ソウル俳句会は、在韓日本人の親睦と日韓交流を目的に93年に設立され、2000年からは日系企業の駐在員会であるSJC(ソウルジャパンクラブ)の前身、「ソウル日本人会」のサポートを受ける。06年から山口さんが主宰を務める。活動は月2回、年に一度は地方にも遠征する。

韓国の参加者も多く、大学教授や日本留学や日本企業での勤務経験がある会員が多いが、中には植民地時代に日本語で教育を受けた方もいるそうだ。韓国人は、最初は5・7・5の音節に当てはめるのに苦労しがちだが、長く俳句を詠んでいると「呼吸」が分かってきて、日本人と比べてそん色のない句ができるようになるという。

また、「普段の生活では経験できない韓国に出会うことができるのもソウル俳句会の魅力」と、山口さん。4月には韓国中部・テグ市近郊の海印寺に出かけた。会員の親戚が海印寺の僧侶で、「仏殿で俳句を詠み、句会をさせてもらえた」と笑顔で語る。

また、日本からプロの俳人を招いた講習会を開くこともある。「名だたる俳人の先生方が、これまで招請に応じてくれ、どの先生方も海外で俳句を詠んでいることに関心を持ってくれたようだ」と振り返る。TBS系「プレバト!!」に出演する夏井いつきさんを招待した際には、日本語を学ぶ韓国の学生と一緒に俳句を詠み合った。

■「ハングル俳句」

今後は韓国の人に俳句を理解してもらうため、ハングルで俳句をやってみたいという。「英語俳句や漢字俳句があるのだから、『ハングル俳句』なんてのがあっても面白いんじゃないか」。ソウル俳句会の韓国人会員と相談しながら、構想をまとめている段階だそうだ。

難しいのは音節だ。5・7・5の音節が韓国語に適切か、それとももっと相応しい形の音節があるかもしれないと、手探りで研究を進める。「音節の規則は俳句を作りやすくするだけでなく、言葉の無駄を省き、表現がしまる。ハングルの音律に合った音数がきっとあるはず。それを少しずつ、探っていきたい」という。

ソウルで俳句を詠み続けて今年で22年目となる山口さん。「普通の駐在員は3~4年で日本に帰ってしまうけれど、ソウルで俳句を始めた人のほとんどが日本でも続けている。卒業生を送り出すような気持で、非常にうれしい」と、白い歯がこぼれた。

■日本のおもてなし

山口さんが勤めるソウルガーデンホテルは、今年で創立39周年を迎える。ソウルは近年、ビジネスホテルが増えたが、当時は近隣にほとんどホテルがなかった。そんな中、空港からアクセスしやすいソウルガーデンホテルには当時から日本人客の利用が多かったという。

「新しいホテルが増えているが、昔からの日本人顧客がひいきにしてくれていることがとてもありがたい」と話す山口さんは、チェックアウト時間に合わせてロビーで宿泊客を見送ることを忘れない。その話の最中に、日本企業のお得意様から予約の電話が。常連客から信頼されていることがひしひしと伝わってきた。

39年のノウハウを基に、経営コストを抑えながらもサービスをおろそかにしない点も強みと話す。競争が激しくなる韓国のホテル業界だが、日本人ならではの「おもてなし」はソウルでも光っている。(韓国版編集部・清水岳志)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎30人目、感染経路は不明(18:08)

韓国GMが生産停止、富平第1工場(18:08)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(16:40)

航空機整備会社、韓国で合弁会社設立へ(16:58)

テイクオフ:日本で猛威を振るう新型…(02/17)

コロナ被害はMERS以上か 20年成長率、1%台に押し下げも(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

「パラサイト」効果、食品・書店・英語塾も(02/17)

カムシス、サムスン新型スマホに部品供給(02/17)

新型肺炎の感染者、新たに1人確認=29人目(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン