商業店舗のBGM、月2万ウォンの著作権料

韓国文化体育観光省は、商業店舗がBGMを流す際、月2万ウォン(約2,000円)の音楽著作権料の支払いを規定する「音楽著作権法施行令」の改正案を2日、まとめた。売り場面積50平方メートル以上の店舗が対象。コーヒーショップや居酒屋なども規定対象となる。楽曲の作詞者や作曲者…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日取材で「政治コンサ…(04/15)

製薬5社がワクチン第3臨床 下半期めど、治験制度に課題も(04/15)

コロナ新規感染、6日ぶりの700人台(04/15)

3月の就業者31万人増、コロナ後初のプラス(04/15)

企業の設備投資3.3倍、半導体など増設続く(04/15)

政府が大学改革、AIなど専門人材育成へ(04/15)

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(04/15)

現代自の牙山工場が再稼働、減産台数2050台(04/15)

サムスンSDI、米EVリビアンに電池供給(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン