フェアプライス、食品廃棄物削減で成果

シンガポールのスーパー大手NTUCフェアプライスによる食品廃棄物を減らす取り組みが成果を上げている。同社は20日、2016年に売り場から出た食品廃棄物の量は、前年から4万8,000キログラム減少したと発表した。

フェアプライスは2014年、売り場から出る食品廃棄物を減らす取り組みに着手。売り場面積1平方メートル当たりの食品廃棄物の量は16年に6.3キログラムとなり、15年の6.9キログラムから8.7%減少した。14年の11.6キログラムと比べると、45.7%も減っている。

同社によると、売り場から出る食品廃棄物の約6割は野菜と果物。これらの廃棄を減らすため、傷んだ部分を切り取って小さくカットし、低価格で販売する方策を導入している。

また売れ残った缶詰を、余剰食品を再分配する活動に取り組む非営利団体フード・フロム・ザ・ハート(FFTH)に定期的に寄付する活動も実施。16年には29万Sドル(約2,260万円)相当以上の商品を無償で提供したという。

フェアプライスのセア・キアンペン最高経営責任者(CEO)は「わが社にとって食品廃棄物の削減は、持続可能な社会の構築に貢献するための重要な取り組みだ」と語った。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日からイスラム教の…(05/24)

4月の消費者物価、0.1%上昇 住宅・公共料金が落ち込み(05/24)

プラップジャパン、6月に現法設立(05/24)

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に(05/24)

ビットトレード、地場企業に経営権譲渡(05/24)

トウシェ、OCBCと指紋認証技術で提携(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

株価大幅続落、金融銘柄が安い(05/24)

水処理ハイフラックス、更生管財手続き申請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン