• 印刷する

力成、米マイクロンの日本子会社など買収

メモリー封止・検査大手の力成科技(パワーテック)は14日、メモリー世界大手の米マイクロンの子会社と、マイクロンが保有する日本企業の株式を取得することで契約を結んだと発表した。

力成は最大1億3,200万米ドル(約143億円)を投じ、東証マザーズ上場で集積回路テストを手掛けるテラプローブ(本社:横浜市)の株式39.6%と、マイクロン秋田工場の100%株式を、それぞれマイクロンから取得する。6月下旬か7月初めまでには株式取得手続きを完了する見込み。

このうちテラプローブは力成とマイクロンの合弁会社で、今回の株式取得で力成の持ち株比率は51.2%となる。

15日付経済日報によると、マイクロン秋田工場は、車載向けやモノのインターネット(IoT)などの先進技術に優れており、力成は日本でフルターンキーの供給チェーンを構築する狙い。今回の買収で、力成は年間で約40億台湾元(約143億円)の売り上げを見込むという。


関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

二林精密機械園区、環境アセス初審通過せず(12:19)

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…(01/23)

19年は7割が人件費上昇実感 許容限度せめぎ合い、NNA調査(01/23)

クラウドエース、台湾法人を設立(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

5G商用化、早ければ20年末にも(01/23)

ウーバー台湾がTTA加入、米本部と人材育成も(01/23)

通信機器の智邦、苗栗工場建設で1千人募集へ(01/23)

19年の世界半導体設備投資、4年ぶりマイナス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン