スズキ快走、通年シェア47%に 新モデル投入で7社が2桁増

インドの乗用車上位10社の大半は、2016/17年度(16年4月~17年3月)の販売台数(卸売りベース)が2桁増だった。新モデルの相次ぐ投入が販売を後押しした。最大手マルチ・スズキは10.6%増。シェア(台数ベース)は…

関連国・地域: インド日本欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

マヒンドラ、アンダマン諸島で蓄電式太陽施設(15:39)

セメント2社、上半期決算で明暗(14:58)

NALCO、米ロ企業と高質アルミ生産で合弁(14:21)

アジアのLNG市場拡大に100億ドル支援(10/19)

テイクオフ:ヒンズー教の大祭「ディ…(10/18)

日系など12社が試作車16台 20万台超のジプニー近代化(上)(10/18)

非正規の保護へ社会保障拡充 1.2兆ルピー規模、来年にも始動(10/18)

スズキのディザイア、最短で販売10万台到達(10/18)

ムンバイの乗用車販売、祭事商戦は低調(10/18)

二輪バジャジ、上期は減収減益(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン