スズキ快走、通年シェア47%に 新モデル投入で7社が2桁増

インドの乗用車上位10社の大半は、2016/17年度(16年4月~17年3月)の販売台数(卸売りベース)が2桁増だった。新モデルの相次ぐ投入が販売を後押しした。最大手マルチ・スズキは10.6%増。シェア(台数ベース)は47%に達した。他にも6社が2桁伸びた。国内の乗用車販売は通年…

関連国・地域: インド日本欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、向こう5年で70機調達(02/16)

家電ゴドレジ、政府入札でAC5.2万台受注(02/16)

ダイソン、デリーに1号店開設(02/16)

ホンダ、販売網強化が奏功 スクーター大手2社の戦略(上)(02/16)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

二輪ホンダ、新型モーターバイクの予約開始(02/16)

米大統領、インドの二輪車輸入関税を批判(02/16)

商用車大手3社、トラック増産体制に(02/16)

車部品ミンダ2桁の増収増益、稼ぐ力強まる(02/16)

中国製車両ホイール、AD関税継続を検討(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン