語学留学グランドライン、レアジョブと提携

フィリピンで語学留学事業を運営するグランドライン・フィリピンは6日、オンライン英会話教室を運営するレアジョブ(東京都渋谷区)と資本業務提携を結んだ。レアジョブが語学留学プログラムの販売窓口となり、グランドラインが留学先となる現地の教室運営を担当する。英語を実践で使いたいという社会人や学生のニーズを取り込む。

レアジョブがグランドライン・フィリピンの第三者割当増資を引き受ける形で、発行済み株式の2割を取得する。グランドラインは調達した資金を、教室の拡大などに充てる。

親会社で教育・コンサルティング事業を手掛けるグランドライン(東京都中央区)の金光淳規(かねみつ・じゅんき)代表取締役は、「50万人以上の会員を抱え、オンラインだけでなく海外留学など実践の機会を提供したいレアジョブと、現地に語学学校と法人研修ノウハウを持つグランドライン、互いの強みを生かしたサービスを提供したい」と述べた。

レアジョブは法人向けサービスを強化しており、2016年時点で1,000社以上の法人顧客にサービスを提供している。新しい留学プログラムは、5月以降に販売を開始する予定。

グランドラインはマニラ首都圏マカティ市で語学学校を運営している。講師数は45人で、常時20人前後の生徒を受け入れ、1日6時間の授業を実施している。留学期間は1~24週間。同社の売上高の8割を占める留学事業は今後、原則全てレアジョブブランドで売り出していく。また、日本からの留学生の受け入れだけでなく、オンラインレッスンと連携したサービスやマニラ近郊の海外赴任者向けの通学サービスの強化も進める。

グランドラインは11年に海外英語留学事業に参入し、現地子会社グランドライン・フィリピンを立ち上げた。ビジネス英会話の習得を目指す社会人をメインターゲットに、個人個人に合わせたカリキュラムを提供してきた。現地企業や大学と連携した実践的なプログラムで、競合との差別化を図っている。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】4月13日~4月19日(05/01)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『AI経営で会社は甦る』冨山和彦(文藝春秋) 2.『金融ジェロントロジ…

続きを読む

大手財閥、好景気で業績向上 インフラ注力の姿勢鮮明に(04/28)

フィリピンで財閥企業が成長している。前年比6.9%の国内総生産(GDP)成長率を記録した昨年、大手7社は…

続きを読む

【アジア三面記事】鉄の皮(04/28)

■鉄の皮 うー、背中を銃で撃たれた――。散弾銃で銃撃されながらほぼ無傷で済んだ鉄の老女が、タイで話題…

続きを読む

3月の財政収支、赤字が17%縮小(04/28)

フィリピンの財務省財務局が26日発表した2017年3月の財政収支は615億ペソ(約1,372億円)の赤字となったが…

続きを読む

メラルコのケソン発電計画、融資交渉が進行(04/28)

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)は、ケソン州で予定する石炭火力発電所の建設計画に関して、…

続きを読む

地方5空港の審査書類提出期限、6月に延期(04/28)

フィリピンの運輸省は、官民連携(PPP)方式で進める地方5空港の開発および運営管理(O&M)事業につ…

続きを読む

住宅開発8990、セブで2件の大型事業開始(04/28)

フィリピンで低価格住宅の開発を手掛ける8990ホールディングスは、セブ州で新たに2件の大型住宅開発プロジ…

続きを読む

住宅アビダ、ルソン南部で売上36億ペソ狙う(04/28)

フィリピンの不動産開発最大手アヤラ・ランド(ALI)傘下で主に住宅を手掛けるアビダ・ランドは、今年は…

続きを読む

国内セメント需要、25年に1千万トン増加も(04/28)

フィリピンのイーグル・セメント(ECC)は、2025年までに国内の年間セメント需要が1,150万トン増加すると…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン