米国で懲罰的課税増える、韓国輸出に暗雲

韓国企業に対する「懲罰的な反ダンピング(不当廉売)課税」が米国で増えているようだ。20日付ソウル経済新聞によると、2016年に米国で下された韓国企業への反ダンピング課税5件(予備判定を含む)のうち4件が「不利な事実(AFA)規定」を適用した判定だった。

AFAは、訴えられた企業が十分な資料を提出しなかったり、調査に協力しなかったりする場合に最も不利な関税率を適用する規定で、「懲罰的な反ダンピング課税」と呼ばれる。

16年にAFAが適用された案件の平均関税率は43.62%だった。例えば、1年に5億米ドル(約563億円)相当を輸出する企業の場合、約2億2,000万米ドルの関税が課される計算になる。ソウル経済新聞は「これは事業を継続するかどうかを考え直すきっかけになるほどの打撃」とした。

また、AFA規定は米国以外の国でも関税法に含まれているが、実際に適用するケースは多くないという。韓国貿易協会の関係者は同紙に対し、「AFA適用是非に大きく関わる『調査協力の有無』を恣意的に解釈すると貿易摩擦が起きる可能性が高く、米国もこれまで、AFAを適用することは稀だった」と話した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2006年にスタートし…(04/26)

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に(04/26)

LGが化粧品エイボンを買収 日系3社目、日本事業を強化(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

4月消費者心理指数、5カ月連続で下落(04/26)

3月の輸出量指数上昇、電子機器などけん引(04/26)

タインコンと現代の合弁、小型トラック発売(04/26)

2月出生児数が過去最低、27カ月連続減少(04/26)

公取委がLG電子に罰金、下請け法違反で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン