テイクオフ:マニラ首都圏マカティ市…

マニラ首都圏マカティ市内で引っ越しをした。1キロメートルも離れていないが、街の表情はがらっと違う。

以前いたレガスピは、古いビルが多く、住んでいる人にもどこか落ち着きが感じられた。移り住んだベルエアは、新しいビルが多い新興地域。工事現場で働く人が多いこともあって、夜になるとコンビニの前で酒瓶を持った男性がたむろしているなど、外を歩くには少し身構える必要がある。

境界はヒルプヤット通り。ここを境に街の雰囲気は変わる。近所のスーパーに売っているモノにも違いが。牛乳はロングライフ商品ばかりで、レガスピでは簡単に手に入った賞味期限が1~2週間の牛乳は見当たらない。思えば、インドネシアに住んでいたころも、都市部で牛乳は手に入るが、田舎に行けば粉ミルクが主流で牛乳は一般的ではなかった。こんなところで地域差を感じるとは。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会(10/24)

テイクオフ:お昼時をだいぶ回った頃…(10/24)

マラウイの戦闘が「終結」、国防相(10/24)

【日本の税務】海外出向者の社会保険・報酬(10/24)

首都圏、11月13~15日が特別休日に(10/24)

通信大手2社の同業買収、控訴裁が合法認定(10/24)

PLDT、ミ島の光ファイバー網整備が完了(10/24)

モンテンルパ市、最も事業に優しい自治体に(10/24)

23日為替:$1=51.510ペソ(↓)(10/24)

たばこ出荷量、3Qは8.1%減の186億箱(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン