テイクオフ:マニラ首都圏マカティ市…

マニラ首都圏マカティ市内で引っ越しをした。1キロメートルも離れていないが、街の表情はがらっと違う。

以前いたレガスピは、古いビルが多く、住んでいる人にもどこか落ち着きが感じられた。移り住んだベルエアは、新しいビルが多い新興地域。工事現場で働く人が多いこともあって、夜になるとコンビニの前で酒瓶を持った男性がたむろしているなど、外を歩くには少し身構える必要がある。

境界はヒルプヤット通り。ここを境に街の雰囲気は変わる。近所のスーパーに売っているモノにも違いが。牛乳はロングライフ商品ばかりで、レガスピでは簡単に手に入った賞味期限が1~2週間の牛乳は見当たらない。思えば、インドネシアに住んでいたころも、都市部で牛乳は手に入るが、田舎に行けば粉ミルクが主流で牛乳は一般的ではなかった。こんなところで地域差を感じるとは。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「マラウイ交戦の終結近い」、軍参謀総長(06/23)

マニラ北港の荷役料、3年間で24%引き上げ(06/23)

リパブリックセメント、増産計画の概要発表(06/23)

ミンダナオの事業環境は平常 軍司令官が商工会に説明(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

武装勢力が人質解放、襲撃の学校から撤退(06/23)

三菱自、5月現地生産は過去最高の4323台(06/23)

PEZAの投資認可、今年4倍に拡大見通し(06/23)

海外送金は非課税、財務省が説明(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン