テイクオフ:訪韓したティラーソン米…

訪韓したティラーソン米国務長官は「戦略的忍耐は終わった」として、北朝鮮の核開発に対して軍事的対応を辞さない考えを示した。北朝鮮の核開発に時間的猶予を与える考えが米国にないことを歓迎する一方、朝鮮半島有事の際には韓国側も無傷ではいられなくなるため、在韓日本人が抱く感情は複雑だ。

トランプ大統領最側近のバノン氏はホワイトハウスのスタッフにデビッド・ハルバースタム著「ベスト・アンド・ブライテスト」を読ませたという。ベトナム戦争を拡大させたのは、ケネディ政権で集められ、ジョンソン政権に引き継がれたエスタブリッシュメントだったという内容で、バノン氏は米メディアに「指導者の小さなミスが後で取り返しのつかない大きなミスにつながることが分かった」と同書について語っている。

米政権には対北政策でベストな判断を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これからの経営にはジャ…(06/26)

ふらつく新政権 木村教授「統治システムに原因」(06/26)

【書籍ランキング】6月8日~6月14日(06/26)

スマート技術導入のデモ工場、来月稼働(06/26)

4月までのタイヤ輸入額、前年比42%増(06/26)

米韓台のスチレンにAD調査、商務省が開始(06/26)

公取委員長、大手4財閥の経営トップと懇談(06/26)

保険業界で人員削減の波、新会計基準導入控え(06/26)

家計向け融資の急増、韓国銀が焦げ付き警戒(06/26)

未来アセット生命、越同業を買収へ(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン