テイクオフ:訪韓したティラーソン米…

訪韓したティラーソン米国務長官は「戦略的忍耐は終わった」として、北朝鮮の核開発に対して軍事的対応を辞さない考えを示した。北朝鮮の核開発に時間的猶予を与える考えが米国にないことを歓迎する一方、朝鮮半島有事の際には韓国側も無傷ではいられなくなるため、在韓日本人が抱く感情は複雑だ。

トランプ大統領最側近のバノン氏はホワイトハウスのスタッフにデビッド・ハルバースタム著「ベスト・アンド・ブライテスト」を読ませたという。ベトナム戦争を拡大させたのは、ケネディ政権で集められ、ジョンソン政権に引き継がれたエスタブリッシュメントだったという内容で、バノン氏は米メディアに「指導者の小さなミスが後で取り返しのつかない大きなミスにつながることが分かった」と同書について語っている。

米政権には対北政策でベストな判断を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

洗濯機の対米輸出が45%減 セーフガード発動が影響(04/24)

韓進グループを家宅捜索、密輸・脱税容疑で(04/24)

中小企業の85%、海外進出で苦境打開へ(04/24)

タタ「ティアゴ」販売好調、小型車で2位に(04/24)

VC投資が過去最高、ITやバイオで伸び(04/24)

LG電子、中古スマホの下取りサービス(04/24)

国別のスマホ価格、5月から政府が公開(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン