テイクオフ:日本のスーパーで買い物…

日本のスーパーで買い物をするときは、例えば大根で300円と150円の2種類があれば、「お買い得だ」と当たり前のように安い方を選んでいた。ただ最近気付いたのだが、上海では行動が逆になっている。

野菜や肉を中心とした食品の話だが、家計の許す範囲でできるだけ高いものを手に取るようになった。理由は、当地に暮らす人にとっては言わずもがな、安全性の問題。あまりに安い食べ物は生産現場を想像して心配になる。もちろん高ければそれで良いという訳ではないが、いつしか値段が一つの安全、安心の基準になった。

先ごろ閉幕した全人代では、今年も食品の安全向上に取り組むとの方針が示された。2020年までの第13次5カ年計画でも、食品の安全対策を強化することが盛り込まれている。ただ食の問題は、当地に暮らす全ての人にとって、数年先と言わず今日明日にでも解決してほしい喫緊の課題だろう。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD課税延長へ、日米の光ファイバー母材(13:26)

中石油大連工場で火災、けが人なし(15:53)

ボルボが100億円投資、拠点拡大へ(16:23)

地方道整備へ建設省が新部門 中国大使が協力に意欲(08/18)

海外からの投資促進へ号令 規制緩和や環境整備、投資鈍化で(08/18)

【外国企業の日本戦略】シーメンス「デジタルに国境ない」 【第4回】藤田研一社長に聞く(08/18)

殺虫剤汚染の鶏卵、中国本土には輸入無し(08/18)

食の安全を全国査察、国務院が26日から(08/18)

スワイヤの17年中間期、純益2.4倍に(08/18)

物流費低減で経済活性化、国務院が政策指針(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン