日本はLNG輸入で恩恵、豪で税制改正論も

日本は液化天然ガス(LNG)をオーストラリアから輸入する際、日本政府が輸入業者に課す石油石炭税で得られる税収が今後4年で29億豪ドル(約2,520億5,230万円)に上るにもかかわらず、オーストラリア政府がガス・石油生産各社を対象に導入している石油資源使用税(PRRT)では、LNG事業からの税収が同期間でほぼゼロであることが分かった。オーストラリア国内からはPRRTの一刻も早い改正を求める声が上がっている。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

世界最大のLNG輸入国である日本は、オーストラリアから年間3,000万トンのLNGを輸入している。日本政府はLNGなどガス状炭化水素1トン当たりに対し1,080円の石油石炭税を課税しているが、2012年からは「地球温暖化対策のための税率の特例」を導入。2年ごとに1トン当たり260円を段階的に上乗せし、最終的に780円を上乗せした1トン当たり1,860円を徴収し、税収は今後4年で29億豪ドルに上る見込みだ。

一方、オーストラリアでは石油などを含めたPRRTの税収が年間でわずか8億豪ドルと、2000/01年度時の20億豪ドル超から半減していることから、非政府組織(NGO)タックス・ジャスティス・ネットワーク(TJN)のジェーソン・ワード氏は「LNGを生産・輸出するオーストラリアよりも、日本が税収面で恩恵を受けている」と指摘。同氏はまた、「オーストラリア沖合で進行中の資源プロジェクトで生産されたガスは海外に輸出される一方、国内ではガスの供給不足が深刻化している。こうした状況は変えていかなければならない」と主張した。

オーストラリアは21年までに世界最大のLNG輸出国になる見込みだ。だが、現行の税制では税収の増加が期待できないことから、連邦政府は税率引き上げのほか、税控除を含む見直しを行っている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 経済一般・統計天然資源金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの公共バスには…(05/25)

シドニーの公共バスには悩まされることが多い。停留所で待っていても混雑のために4台連続で停まらなかった…

続きを読む

豪郵便局、アマゾンと提携へ 宅配事業を拡大(05/25)

郵便局オーストラリア・ポスト(AP)が、米オンライン小売り大手アマゾンと提携交渉を進めているようだ。…

続きを読む

QLD政府、アダニ賦課金支払い延期容認も(05/25)

オーストラリアのクイーンズランド(QLD)州政府が、同州ガリリー盆地のカーマイケル炭鉱開発プロジェク…

続きを読む

スノーウィー水力発電所拡張、費用1.5倍も(05/25)

オーストラリア連邦政府は電力公社スノーウィー・ハイドロの発電容量の拡大に20億豪ドル(約1,666億円)を投…

続きを読む

BHPのニッケル部門、WA鉱山拡張を計画(05/25)

英豪系資源大手BHPビリトン傘下で、西オーストラリア(WA)州でニッケル鉱床の開発を手掛けるニッケル…

続きを読む

石油ウッドサイド、純現金収入が60億$に(05/25)

オーストラリアの石油大手ウッドサイド・ペトロリアムは、このほど行われた投資家向け説明会で、西オースト…

続きを読む

豪にグリーンな鉄鋼生産を=アリウム入札企(05/25)

破綻したオーストラリアの鉄鋼アリウムの資産に入札する英鉄鋼商社リバティハウスが、買収が実現すれば、同…

続きを読む

リオ、WA州で新鉄鉱山開発か(05/25)

英豪系資源大手リオ・ティントが、向こう12カ月以内に西オーストラリア(WA)州で新鉄鉱山開発を決める可…

続きを読む

リオの炭鉱売却額、24億ドルは「妥当」(05/25)

会計大手EYがこのほど、中国の石炭大手ヤン州煤業(Yanzhou Coal)のオーストラリア子会社、ヤンコール・…

続きを読む

457ビザ、企業の96%が「豪州に貢献」(05/25)

オーストラリア連邦政府が廃止する外国人向けの長期就労者ビザ(457ビザ)を巡り、国内の外国企業の96%が「…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン