• 印刷する

南部の電力不足、製鉄・セメントに供給制限へ

国営ベトナム電力グループ(EVN)が南部の製鉄所・セメント工場への電力供給を絞ることを検討している。大口需要家への供給量を減らすことにより乾期の電力不足に対応することが目的だ。12日付サイゴンタイムズが報じた。

EVNはこのほどホーチミン市電力公社とEVN傘下の南部電力総公社(SPC)に対して、製鉄所・セメント工場への供給量削減の方針を明らかにした。

この動きに対して国内ビレット生産の3割を占めるベトスチールのドー・ドゥイ・タイ社長は、ビレット生産は工程上、受電の中断をできないことから、EVNは電力供給の見通しを明らかにすべきだとの意見だ。

南部では乾期に電力需要が高まる。ホーチミン市の場合、1月の電力消費量は12億キロワット時(kWh)だったが、3月は17億kWhまで上昇すると見込まれる。他方、今年は中部での水不足や南部における発電所の新規稼働がないため、供給不足が危惧されている。このため、EVNは発電コストが高いディーゼル発電の活用により供給量を11億1,000万kWh上積みする方針だ。さらに送配電などの効率化に約106兆ドン(51億米ドル、約4,900億円)を投資する。

また北部については、EVNは石炭火力発電所をフル稼働させるとともに、中国から今年36億kWhを買電して需給逼迫(ひっぱく)に対応する方針だ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染4267人増、4波累計17万人(12:24)

鉄鋼各社、業績の好調際立つ 上期利益6倍、価格高騰受け(08/04)

4波の市中感染、ホーチミンで10万人突破(08/04)

7月製造業PMIは45.1、2カ月連続悲観圏(08/04)

コロナ支援で法人税30%減額、財務省が草案(08/04)

信用調査のCBA、ベトナムに進出(08/04)

ビンG、米製薬企業からワクチン製造技術取得(08/04)

ビンズオン省、国産ワクチン試験接種を打診(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン