【ラオス法】第21回・不動産法

ラオスでは不動産開発が急速に進んでいます。特にこの5~6年、中国系企業が首都ビエンチャンの一等地を次々と購入し、大規模な商業施設を建設しています。地価も高騰し、不動産売買で莫大な利益を得るラオス人も増えていますが、ラオスでは2003年以来土地法が改定されておらず、…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空が在留邦人の帰国便を運航へ(04/02)

10人目の感染者を確認、21歳の女性(04/02)

世銀、預金保護と住民登録制度を支援へ(04/02)

地元紙が印刷版の発行停止、外出禁止令で(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

全国外出禁止令を発動、感染者9人に(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン