【新指導部1年】対中関係は調整局面に 米比に新政権で外交バランス見極め

ベトナムが対外政策の基本に据える全方位外交に、2016年1月の党大会で誕生した指導部は路線を維持しつつ微妙な調整の手を入れている。最高指導者であるグエン・フー・チョン書記長は今年1月に訪中し、習近平国家主席と南シナ海での紛争拡大防止で一致した。南シナ海問題で共闘を…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中韓越の非合金鋼製品、不当廉売で調査開始(18:50)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

GDP成長率、1Qは3.8% リーマンショック以来の減速に(03/30)

新型コロナ感染者188人、ハノイの病院閉鎖(03/30)

和碩の19年純益、前年比7割に=4Q好調(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

3月の輸出額、12.1%減の200億ドル(03/30)

3月のCPI上昇率は4.87%、前月から減速(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン