ロボット「ハッチマル」の卵、比企業が開発

世界で大人気の育成型ペットロボット「ハッチマル」の重要なパーツである、プラスチック製の卵の原材料を開発したのはフィリピン企業だった――。総合化学大手D&Lインダストリーズが17日、公表した。

開発したのは同社のプラスチック部門D&Lポリマー・アンド・カラーズ(DLPC)。香港を拠点とするプラスチック製品卸業トレードウオーカーに提供し、ハッチマルが殻を破って出てくる卵の原材料として用いられている。レスター・ラオ社長は「卵の質感を生み出すために試行錯誤した。子ども用のおもちゃなので毒性がなく、殻の破片でけがをしないよう配慮するなど安全性や強度に注意を払った」と話した。秘密保持のため、開発中は何に使用するのか知らされていなかったという。

ハッチマルは、プラスチック製の卵から「ふ化」した人形に、言葉やダンスを覚えさせて育成するおもちゃ。カナダの玩具メーカー、スピンマスターが2016年10月に発売して以来、世界50カ国以上で人気を博し、売り切れが相次いでいる。日本では、タカラトミーが発売元となり、「うまれて! ウーモ」の名称で販売している。


関連国・地域: フィリピンカナダ
関連業種: 化学・石化製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領が、ミ…(12/13)

自動車税が単純累進課税へ 税制改革法案の一本化完了(12/13)

10月貿易収支、赤字が28.4億ドルに拡大(12/13)

10月工業生産量、2カ月連続のマイナス(12/13)

フィッチが信用格付を引き上げ、13年以来(12/13)

不完全就業率が改善、2000年代前半の水準(12/13)

地場発電、佐賀県のバイオマスに出資へ(12/13)

来年初にグローバル債発行、10億ドル調達へ(12/13)

12日為替:$1=50.510ペソ(↓)(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン